facebook

うさと usaato

お知らせ

♫うさと×スピングルコラボシューズ♫

うさととスピングルのコラボシューズ、
みなさんもう見ていただけましたか?

7113-3

コロンとしたつま先が特徴のモデルは、履き心地もほっこり。
ユニセックスでお揃いにもしやすく、
生地違いではずしてみるのも楽しいです♫

7113-4

内側はヘンプの生地。素足にも心地よいです◎

7113-5

かかとに敢えて芯を入れていないので、

かかとの部分を踏んでスリッパのように履いてもOK。

7113-6

クッションもよく、靴底には天然ゴムも使用しています。
お出かけにも、オフィスなどのルームシューズにもぴったり。

職人さん達の手作業と手間暇をかけたこだわりのシューズです。
京都店や展示会で、ぜひ実物をご覧くださいね。

☆サイズ展開

SS:22.5 S:23.5 M:24.5 L:25.5 LL:26.5

♫うさとの羊毛フェルトシリーズ♫

今週の京都は雨がしとしと。

気温も下がり、コートや上衣を羽織る人々の姿が多くなってきました。

すっかり秋ですねー。

これからの季節のお楽しみ。

うさとに軽くて暖かい羊毛フェルトシリーズが登場です。

2194

村上春樹氏の小説『羊をめぐる冒険』の舞台と噂される北海道・美深町(びふかまち)。

nohara

wood

植物も動物も人もいきいきとした美深町の森。

辺りは山菜の宝庫。

その町の工房で、羊毛作家・逸見吏佳(へんみりか)さんの手によって、

フェルトがひとつひとつ手作りされています。

sheeps

↑逸見さんちの羊たち。

 

うさとで展開しているフェルトアイテムをご紹介します。

ベスト、プルオーバー、コート、ショールです。

2195
プルオーバー。バランスがとりやすい短め丈です。
IMG_1123

コートは、暖かでふんわりとした軽さ。
長めの袖は、折り返して内側のコットンをのぞかせてもすてきです。

 

7092

氣軽に使えるサイズのショール。
肩にかけても腰に巻いても暖かです。
ブローチやピンで留めても◎

 

土台となる布地に羊毛をのせてからめて作る布フェルトの技法で、

梳いて毛の流れを整えた羊毛を薄くのせ、石鹸水をかけ、

揺すったり転がしたり、振動を与えて縮絨させて仕上げられています。

手しごとでうまれるフェルトには、ひとつひとつに個性があります。

大きさも微妙に違ったり、カラーもさまざま。

染めずに羊毛そのままの白や茶色をいかしたものもあれば、

セイタカアワダチソウの黄色や緑色、

胡桃の実のピンクや葉の茶色、

野菊のグレーなど、森の恵みで染めているものなどもあります。

いろいろな色彩も楽しく、まさに自然の恵みと手しごとのコラボレーション!

 

うさと京都店や展示会でお取り扱い中です。

フェルトのアイテムに出合ったら、それぞれの個性もお楽しみくださいね。

 

京都国立博物館では、開館120周年の国宝展も始まりました。

鑑賞がてら京都にお越しの際は、

京都店にもぜひ遊びに足をお運びくださいね。

IMG_1175

うさと座 秋の満月茶会 @ちおん舎

今春、ヨーロッパ各地で大好評だった
「うさと座 茶会」を秋の京都で再現します!
MANGETUCHA

うさぶろうの衣装を纏った
KNOBさんのお点前に亥士さんの演奏、魂宮時さんの舞。
それに加え世界的に活躍されている
ピアニストのエドゥアルド・デルガードさんとのコラボなど
豪華メンバーによる満月茶会です!
IMG_4161
日 時:11月4日(土)15:00〜(開場14:30)
会 場:ちおん舎
会 費:4,000円(抹茶・お菓子付)
定 員:40名

お申込み・お問合せ:075-213-4517(うさとジャパン)

KNOB(デジュリドゥ)
石坂亥士(神楽太鼓)
魂宮時(舞)
さとううさぶろう(衣装)

◆スペシャルゲスト
エドゥアルド・デルガード(ピアノ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アート・オブ・ライフー誰もが特別なアーティストー
サティシュさんのお話会in京都

日時:11月5日(日)13:00〜16:00(開場12:00)
会場:東本願寺しんらん交流館大谷ホール

お席はまだ残ってますので、お申し込みがまだの方は、是非お越しくださいね。

詳細・チケットはこちら
(うさと京都店の店頭でもチケットお取り扱い中です。)
satish_0001

私たちは誰もが美しい世界をつくる特別なアーティスト。
サティシュさんと秋の京都で美しいひとときを紡ぎましょう。