facebook

うさと usaato

お知らせ

その他

2017あじわい市@うさと京都店のお知らせ

7月の京都といえば、祇園祭。
♫コンチキチン♫
1ヶ月間、まるまるお祭り一色で華やかになる京都です。
うきうきしますねー!
さてさて、うさとでもお楽しみをご用意しております。
19060056_1912437835641248_2482679382223133651_n
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞あじわい市2017@京都∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日時:2017年7月17日(祝・月)
13:00 ー 17:00
会場:うさと京都店
アクセス / 阪急電鉄京都線「烏丸駅」、
地下鉄烏丸線「四条駅」22番、24番出口より徒歩5分
MAP

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
シミ・褪色・日焼け・ほつれなど、
不本意ながらもあじわい深さがプラスされてしまった「うさとのあじわい品たち」。ふだん店頭にならぶことのないお品たちを特別価格で販売させていただきます。

当日は通常販売もございますよ。
たのしみですね!

皆さまのお越しをお待ちしております♫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うさとジャパン
〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町538
Tel.075-213-4517
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うさと京都店 年末年始のお知らせ

みなさん、こんにちは。
クリスマスやお正月の準備に華やぐ季節ですね。
うさと京都店より、年末年始の営業のお知らせです。

——————————————-
年内・・・12月28日(水)まで
年始・・・ 2月 1日(水)から ※1/9-15は営業いたします詳しくはこちら
——————————————-

15319278_1819545911597108_3032775229828507941_n

京都店にはNEWモデルのシューズが入荷しております。トウが丸くてコロンとした形で、外出時にはもちろん、室内でルームシューズとしてもいい感じです。

15337580_1819516568266709_1535044734311310420_n

大切な人へのギフトや、ご自分へのご褒美を選ぶのにもウキウキするこの季節。
京都店、展示会などで、ぜひ手にとって見てくださいね。

京都店12/4(日)営業時間変更のお知らせ

京都は紅葉まっさかり。 
色とりどりの樹々に、季節の移り変わりを感じます。 
お山も街も様々に彩られ、本当に美しいです。 
自然ってすごいなあ。 
 
来る12/4(日)、京都店では花背WARAさんを講師にお招きして、 
暖かいものが恋しくなるこの季節にぴったりのWARAのなべしき作りのワークショップを開催します。 
♫京都店店頭にても受付中♫ 
定員がありますので、ご参加希望の方はお早めにご予約くださいね。 
 
◇申込み・問合せ:うさとジャパン 
 TEL 075(213)4517 FAX 075(213)4518 
info@usaato.com 
 
当日は京都店の営業時間が変更となり、 
13時〜16時となります。 
通常よりも短くなっていますので、ご注意くださいね。 
 
皆さん、これはなんだと思いますか?? 
    ⇩   
15171244_1811851382366561_8060624139419430637_n
 
ケセランパサランのような綿毛たち。 
これは、風船冬綿(フウセントウワタ)の種なんです。 
今、京都店で寒桜とともに皆さんをお迎えしている風船冬綿。 
遠目に見ると、風貌はマスカットの実のようで、なかなかキュートなんですよ。 
京都店にご来店されてご希望の方には種をお分けしますので、お伝えくださいね。 
種はなくなり次第終了となります。 
☆〜(ゝ。∂) 
 
15178982_1811786232373076_8336808580089874389_n

うさと京都店ワークショップ ワラのなべしき

うさと京都店ワークショップ

 
花背WARAさんに教わる、WARAのなべしきー
 
ワラのなべしき作りワークショップのご案内です。

素材は京都市左京区の山里花背の田んぼで育った稲ワラです。

画像4_right
<飾りをつけたなべしきの例> 
 

なべしき作りをご指導くださるのは、

『花背WARA』の藤井桃子さん。

藤井さんは、自ら育てた花背の稲ワラと地元の野草シバクサを素材として、魅力的なジュエリー作品を制作されています。

今回のなべしきの素材も、藤井さんの育てられた稲ワラです。

稲刈り_right
<右:稲刈りをする藤井さん> 
 

自然の中からうまれる「稲ワラ」で作る先人の知恵と技術のつまったなべしき。

お鍋だけではなくティーポットやグラタン皿などのせてもいいですね。

完成後は飾りをつければ、オーナメントとしても楽しめます。
稲穂を飾ったり、布で遊んだりしても。
当日ご希望の方には飾りの素材もご用意しております。

昔ながらのワラ細工体験で世界にひとつだけのなべしき作りを楽しんでみましょう♫

画像3鍋敷き茶ーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー

日 時 2016年12月4日(日)17:00-19:00
参加費 ¥3,240(税込)
定 員 8名(中学生以上)
持参品 お持ち帰り用の袋
講 師 藤井桃子さん(花背WARA)
会 場 うさと京都店
〒604-8156
中京区室町通蛸薬師下る山伏山町538
アクセス/阪急電鉄京都線「烏丸駅」、
地下鉄烏丸線「四条駅」22番・24番出口より徒歩5分
MAP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講 師 藤井桃子さん(花背WARA)
花背(京都市左京区)在住。京都市芸術大学卒業。
’10年より地元のお年寄りの方々にワラ細工を習い始め、
’13年よりワラ細工の技術を駆使したジュエリーを主に展開するブランド「花背WARA」をスタートさせる。
素材は自ら育てた花背の稲ワラと地元の野草シバクサなど。
ワラの温かみや美しさを今の生活に取り入れ、ワラの可能性を広げるため、制作、展示販売をしている。
花背WARA』HP:http//www.hanasewara.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご予約・お問合せ先 うさとジャパン
TEL 075(213)4517 /FAX 075(213)4518
info@usaato.com

京都店 営業日変更のお知らせ

みなさん、こんにちは! 
空気も澄んで空高く、すっかり秋らしくなってきました。 
羽織りものがあると、朝晩はほっとしますね〜。 
今まで、遠くからいらしたお客様から、 
「うさとに遊びに来たのに、月曜日でお休みでした。。(しょんぼり)」 
とのご報告をお聴きすることがありました。 
中には海外から楽しみにいらした方も。 
せっかく楽しみに来てくださったのに、お目当てのお店がお休みなんて、本当にがっかりですよね。 
そのたびに、これはなんとかせねば!との思いを持ち続けておりました。 
 
発表です(ジャーン)。 
 
10月から、うさと京都店は月曜日も営業いたします。 
夏季冬季休暇など以外は、年中無休となりますので
お気軽にお立ち寄りくださいね♫
営業時間は変更なく、これまで通り 
OPEN 13:00 CLOSE 17:00 
となります。 
うさと京都店、これからもどうぞよろしくお願いします♫ 
 

14199286_1774092486142451_4570654028498810189_n 
 
奄美大島もの作りプロジェクト 
「島ののの」の泥染ハンカチや、 
奄美織の美しいベルトも 
入荷しております。 
皆様のお越しをお待ちしております。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町538
Tel.075-213-4517
アクセス / 阪急電鉄京都線「烏丸駅」、
地下鉄烏丸線「四条駅」22番、24番出口より徒歩5分
MAP

ラオスに行ってきました。

先日、日本よりもあつーーーいラオスへスタッフが行ってきました。
ラオスのルアンパバーンから、車で3時間離れた村ナーヤンターイへ。
ラオスの道路標識には中国語が書かれているぐらい、どんどん中国の影響が入ってきているラオス。
道路や電気など、暮らしは急速に便利になってきているようです。

 

DSC_0757

でも、やっぱり変わらないのはみんなの笑顔。
にっこりこちらも微笑んでしまうみんなの笑顔。
何を言われているかわからないけど、訪れたことを喜んでくれいていることが伝わる元気な声。
とても心地よくて、ずっといたくなる時間です。

DSC_0917
ラオスでは物心つく頃から、女の子は織りをはじめます。
織りをしているおばあちゃんが昔そうだったように、
今もなお小さな女の子が同じように始めたそうですよ。

DSC_0754

まだまだ若い人も、元気いっぱい。
布を織ることを仕事にされてはいるけれど、そもそも織ることが楽しくてと
どんどん織ってしまう村のみなさん。
 
ある、おばあちゃんが聞いてきたそうです。
 
「こんなに布を織って大丈夫?
日本の人は、こんなに洋服が必要なの?」だって!
・・・・。自分のクローゼットふと思い出してしまいますね〜
ついつい増えがちな洋服だけど、
うさとは使えば使うほど、ふんわり気持ちよくなる洋服。
3年目ぐらいの生地の柔らかさ、おすすめです。
やっぱり長く使い続けて、自分だけの色合いや色の変化を楽しんでいただきたいです。

ファッションとしても楽しめることはもちろん、
自分の肌に、暮らしに、馴染んでくれる布の服。
もっともっと、たくさんの人に「うさと」が広がっていけばいいなと思います。

だってやっぱりただただ、気持ちいいもんね!
 
 
DSC_0749
そうそう、今回ラオスを訪れた目的の1つは、
うさとの紹介映像制作のための撮影です!
お店や展示会などでご覧いただけるよう準備しています。

その場所にある植物と時間と人が出会って生まれる服。
村の暮らしのリズムが伝わるような、そんな映像をお届けします。
秋頃には、皆様にお届けできるかな?お楽しみに!!

 

DSC_0814

 
DSC_0908

 
DSC_0894

 
DSC_0795

 

Ban Nayangtai Laos-4011

 

Ban Nayangtai Laos-4143
 

Ban Nayangtai Laos-4227

 

DSC_0936

スーザン・オズボーンさんご来店

アメリカからシンガーのスーザン・オズボーンさんが京都店に来てくださいました〜。

日本では「ヒーリングの女王」という異名で親しまれているスーザンさん。
初めてお会いしたのですが、気さくに接してくださるとても暖かい方で、
スーザンさんがいらっしゃるだけで、周りまで明るく楽しい、ポジティブな空気が流れていました。

日本に来られるのは3年ぶりだそうで、10月6日には東京でコンサートが開催されます。

興味のある方は、ぜひ聞きに行ってくださいね。
チケットは残り少なくなってきている様ですので、お早めに〜

 

 

うさとサイアムスタッフが来日しました!

サワッディーカ!

 

4月のはじめ、うさとサイアムのスタッフ4人が初めて来日しました!

桜も雪も、展示会も!すべて初めての体験です。

4人の皆さんはデザイナーのうさぶろうと共にチェンマイにあるオフィス「うさとサイアム」で

様々な仕事を担当しています。

各地の村より生地が上がってきたら、縫製グループにデザインを説明し依頼します。

そして、出来上がった服を日本に送るお仕事です。

 

今回は4人以外にもう一人、コーディネーターであるGigも一緒に来日しました。

チェンマイの近くにあるランパーン県の村のコーディネーターです。

Gigは、このブログにも何度か登場しています!

※コーディネーターというのは村の人とやり取りして、出来上がった生地をうさとサイアムに届ける人です。

 

Gigと4人のスタッフは4月2日に山形のどんがホールの展示会とイベントに参加しました。

紅花染めの制作者である紅花染処「鈴正」鈴木さんのお話も聞くことができ、

ファッションショーも大盛況でした。

4月5-7日には、京都府木津川のトータルヘルスデザインで展示会とうさぶろうの講演会に参加しました。

ここでは、展示会の準備から販売や片づけまでお手伝いいただきました。

 

タイのスタッフは今まで日本にうさとの服を送った後、どうなるか想像がつきませんでしたが今回の来日で、

うさとの服が展示会でどのような流れでお客様まで届いているのかを自分で実感することができました。

「うさとのお客さまと喋れて、うれしいです」

「うさとの服は厚い生地でタイに必要がないけど、日本の気候にはよく合いますね」

「一枚の服が日本全国で回っているなんて、すごいですね」

「自分がタイでやっている仕事は、また日本で色んな形で行ってお客さんに届くまでのプロセスがありますね。

自分はその中のつながりの一つなので、うれしい」

「うーさんって有名人ですね!」

などなどの感想がありました。

 

日本の文化も少し触れることができ、日本のお客さまとの距離が狭くなった気がします。

このような機会をまた増やすように、お互い頑張りたいと思います!

うさとサイアムの皆さん、お疲れ様でした!

コッ(プ)クンカー

 

うさ雛です。

みなさま こんにちは。

突然ですが、とってもかわいい2人のおひなさまが、
先日うさとに仲間入りしました!

写真ではなかなか伝えきれないのですが、
ほんとうに細かな部分までしっかりと作り込んでいただき、
今にも動き出しそうな雰囲気です。
手や足のふっくら感がとてもかわいくて・・・・。
裏地もしっかり、この通り!

実は、いつもこの時期に展示会を開催している伊勢・二見浦では
2月からお雛祭りにかけて町全体で
おひなさまめぐりin二見浦というイベントを開催されています。
二見浦の様々な場所に約6,000体!ものお雛様が飾られます。
この時期限定のお弁当などもあるそうですよ!

3月の展示会に合わせて一足さきに、
展示会場である朝日館さんで展示していただいておりますので
ぜひ会いにお出かけください。

***************
日時:3/2(土)-3(日) 10:00-17:00
場所:二見浦 和亭 朝日館
三重県伊勢市二見町茶屋228
TEL: 0596-43-2001
お問い合わせ:うさとジャパン
***************

 

今年も、ありがとうございました。

今年も残すところあと少しとなりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

25日に行われたあじわい市も無事に終えることができ、

ご来場くださったみなさまありがとうございました。

 

今年は、1月に京都店が移転し、おかげさまで近くの方も遠くの方も

たくさんの方々にご来店いたただくことができました。

また、全国各地で開催してくださった展示会へもたくさんの方々に

ご来場いただき、本当にありがとうございました。

 

洋服を選ぶ楽しみ、着る楽しみ、またそこで出会う人との楽しみ・・・

うさとの服がある場所には、いつも笑顔が絶えないように思います。

そんな時間が今年もたくさん全国各地で、、、と思うと、とても嬉しいです。

 

今日の京都はとても暖かく、日差しがとっても気持ち良い中、

とてもほんわかした気分で過ごせました。

今年も沢山の方々に出会って、笑って、過ごすことができた一年。

今日のような温かさを沢山感じた一年でした。

みなさま、ありがとう~!また、来年を迎えられることに感謝です。

 

みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

また、来年も「うさと」をどうぞよろしくお願いいたします。