facebook

うさと usaato

お知らせ

”奄美織” ー島のののプロジェクトー 

うさとと、奄美大島ものづくりプロジェクト
”島の「のの」 ”
ー「のの」とは、奄美の方言で「布」という意味ですー

DSCF2320
 
少し前から展示会の商品にも入っている、奄美の内山初美さんが織られたサッシュベルト
みなさんご覧になられましたか?!
 
うさとのファッションショーなどでも使用してきたサッシュベルト、
この度展示会でもお求めいただける事になりました。

 
素材は芭蕉、大島紬、綿などの素材で作られたベルト。
うさとの生地は使っていませんが、
自然素材同士なのでうさとの洋服にもとてもよく似合います。
 
それぞれの帯はとっても多彩で、鮮やかな色はグッとコーディネートを際立たせてくれるし、
落ち着いた色は、草木染めのうさとの服によくよく馴染みます。
 
たっぷりしたワンピースに合わせたり、ジャケットやベスト間からちらりと見せたり、使い方は自由。
 
DSCF2329

 

ベルトに紐を通す穴がありますので、そこに通すと生地の重なりもすっきり収まります。
紐を折って穴に通すと、紐の先の痛みも防げますし通しやすくなります。
 
こんな感じで裏から紐を通します。
DSCF2336
 
DSCF2335
 
この紐は約1センチの幅で織っていただいているのですが、
とってもとっても気が遠くなる作業・・・・。
織りをされている方が見るといつもびっくりされます。
 
本当に「好き」じゃないとできない仕事なんだろうと思います。
DSCF2303
 
奄美でうさとの展示会を開催するときには、内山さんによる綿のワークショップも開催しているのですが、
織りが専門だった内山さんですが、ご自分で糸紡ぎや綿打を勉強されみるみる上達されています。
 
寝る暇もなくいろいろやりたい事がたくさんなの!とうれしそうに話してくれる姿は本当に素敵で、
好奇心をもって何かに挑戦していくって本当に素晴らしい事で、
その人をより魅力的にするんだなということを教えてくれました。
 
豊かな自然と手仕事がたくさん残されている奄美でつくられる帯。
手を使って、創造して、形にする。
時間はとってもかかるけれど、ずっと大切にしたくなるものができあがります。
 
奄美から届くベルトは色も素材も毎回違うので、ほんとうに楽しみ。
内山さんの「奄美織り」という小さな商品の中に、色とりどりの大きな世界が広がっていることを
少しでも感じていただけたらうれしいです。
ぜひご覧くださいね。

DSCF2318