facebook

うさと usaato

お知らせ

ラオスに行ってきました。

先日、日本よりもあつーーーいラオスへスタッフが行ってきました。
ラオスのルアンパバーンから、車で3時間離れた村ナーヤンターイへ。
ラオスの道路標識には中国語が書かれているぐらい、どんどん中国の影響が入ってきているラオス。
道路や電気など、暮らしは急速に便利になってきているようです。

 

DSC_0757

でも、やっぱり変わらないのはみんなの笑顔。
にっこりこちらも微笑んでしまうみんなの笑顔。
何を言われているかわからないけど、訪れたことを喜んでくれいていることが伝わる元気な声。
とても心地よくて、ずっといたくなる時間です。

DSC_0917
ラオスでは物心つく頃から、女の子は織りをはじめます。
織りをしているおばあちゃんが昔そうだったように、
今もなお小さな女の子が同じように始めたそうですよ。

DSC_0754

まだまだ若い人も、元気いっぱい。
布を織ることを仕事にされてはいるけれど、そもそも織ることが楽しくてと
どんどん織ってしまう村のみなさん。
 
ある、おばあちゃんが聞いてきたそうです。
 
「こんなに布を織って大丈夫?
日本の人は、こんなに洋服が必要なの?」だって!
・・・・。自分のクローゼットふと思い出してしまいますね〜
ついつい増えがちな洋服だけど、
うさとは使えば使うほど、ふんわり気持ちよくなる洋服。
3年目ぐらいの生地の柔らかさ、おすすめです。
やっぱり長く使い続けて、自分だけの色合いや色の変化を楽しんでいただきたいです。

ファッションとしても楽しめることはもちろん、
自分の肌に、暮らしに、馴染んでくれる布の服。
もっともっと、たくさんの人に「うさと」が広がっていけばいいなと思います。

だってやっぱりただただ、気持ちいいもんね!
 
 
DSC_0749
そうそう、今回ラオスを訪れた目的の1つは、
うさとの紹介映像制作のための撮影です!
お店や展示会などでご覧いただけるよう準備しています。

その場所にある植物と時間と人が出会って生まれる服。
村の暮らしのリズムが伝わるような、そんな映像をお届けします。
秋頃には、皆様にお届けできるかな?お楽しみに!!

 

DSC_0814

 
DSC_0908

 
DSC_0894

 
DSC_0795

 

Ban Nayangtai Laos-4011

 

Ban Nayangtai Laos-4143
 

Ban Nayangtai Laos-4227

 

DSC_0936