facebook

うさと usaato

お知らせ

“さとううさぶろう展” =コンサート編♪=

まだまだ素晴らしい内容がたくさんあります ”さとううさぶろう展”。

今日はコンサートについてご出演いただく皆様をご紹介いたします!

 

———————————————————————————
9月25日 10:00   オープニングアクト

     15:00~15:30 ミニコンサート:KNOB(石笛・ディジュリドゥ)
            ※コンサートの時間が変更になりました!

9月26日 13:30~14:00 琉球天燈楽団(三線、箏、笛、太鼓など)

9月27日 13:30~14:00 中野智香子(ハープ)
———————————————————————————

 

▼9/25 KNOB (石笛・ディジュリドゥ)

 

KNOB

-Profile-

13歳からダンスを始め芸能界で活動後、25歳の時にオーストラリアにて

先住民アボリジニの人々の楽器ディジュリドゥに出会う。強い衝撃を受ける。

帰国後、独自にトレーニングを重ねる。この時期、縄文からの日本古来の

石笛の存在を知る。一方幼少のころから書に触れ、文人小野田雪堂に師事。

2002年師範となる。現在は北鎌倉雪堂美術館を拠点に全国で活動。

茶の湯、能楽の精進を行い、日本人としての精神、文化を空洞の木の音、

響きの本質と共に世界に発信している。

 

 

▼9/26 13:30~14:00 琉球天燈楽団(三線、笙、笛、太鼓など)

 

琉球雅楽団「天燈楽団」は、2012年に開催いたしました
2012 USAATO Event act.3 『新しい風 by creation』

にもご出演いただいた皆様。今回の演奏も楽しみです!!

Dsg8407

 

-Profile-
平成24年6月に結成された、琉球雅楽団「天燈楽団」からの

選抜メンバーで構成されている。レパートリーは主に琉球古典音楽で、

楽器編成は三線、箏、笛、太鼓が中心。
メンバーは全員沖縄県立芸術大学に在籍している。

 

 

 ▼9月27日 13:30~14:00 中野智香子(ハープ)

 

nakanotikako

 

-Profile-
京都府大原に生まれ、13歳よりハープを始める。

国立音楽大学ハープ科を卒業。ヨゼフ・モルナール、

井上久美子両氏に師事。卒業後、ジャンルを超えてクラシックから

ジャズまでこなせるハーピストとして活躍。又、母親が園長をして

いる杉並区の天沼日の丸幼稚園に於いて卒業より20年間、音楽教師、

ピアノ及びリトミック教室を担当し、幼児期の音楽指導にハープの

活動と共にあたっていた。 1985年イスラエルで開催された「ワールド・

ハープ・コングレス」に招待され、制作されたばかりのエレクトリック・

ハープで初めて演奏。すぐ日本へ持ちかえり、エレクトリック・ハープで

の新しい活動を始める。「宇宙・星座・伝説」をテーマとする野外及びプ

ラネタリウムでの星空コンサートから日本の古典芸能とのジョイント・

コンサート(特に日本で初めて津軽三味線とのセッションを二代目竹山と始め、

木下伸市とも数多くのコンサートで好評を博している)とテーマ、季節、

空間に応じていろいろなハープを持ち替え、パートナー・ミュージシャンとも

自由にジョイントして、今までのクラシック・ハープの概念を越えてメッセージを

伝えながら夢のあるコンサートを作り上げている。 西洋のハープでは最も珍しい

全国の神社・寺院などでの奉納コンサートを続けており、1995年6月22日、

伊勢・二見興玉神社、夏至祭にて、朝4時38分、夫婦岩の中央から日が昇る時に

演奏させて頂いた。又、クラシックハーブという難しい印象のハープを多くの

人々が体験して弾いて欲しいという願いのもとに、全国で「自然の響き 

フェアリーハープを弾こう運動」を企画展開し、ハープを難しくなく、

楽しんで学んでもらおうと、独自の方法でフェアリーハープ教室を開校している。

-----------------------------

 

今回の展示テーマとなる『天と地を繋いで”未来・宇宙・さらなる次元”へ』
「天」「地」「それを繋ぐ存在」。
このテーマと共に「音」の世界もお楽しみください。
もちろん、ミュージシャンたちの衣装にもご注目くださいね!