facebook

うさと usaato

お知らせ

うさと@伊勢・朝日館 前夜祭企画!

「slow death cafe in 伊勢・朝日館」

死とコーヒーはほろ苦い… 言葉と音で死を想う

文化人類学者の辻信一さんが9月11日に「ナマケモノ教授のぶらぶら人類学」を出版されることになり、
それを記念して9月末に関西の書店などででサイン会などのイベントにいらっしゃいます。

うさとジャパンでは、伊勢二見浦で定期的に開催している展示会の時期というこことと、
今回から二見での展示会は朝日館という旅館をお借りして開催せていただくことになり
その記念すべき第一回目ということで、うさと展の前夜祭企画として
「スローデスカフェ」の開催が決定しました!

「スローデスカフェ」とは言葉や歌、音、体で死を感じ、死を表現し、死と向き合うメメントモリな対話の場です。
「死とはなにか」「死が教えてくれることは何なのか」この機会に死に想いを馳せてみませんか。

日時:9月28日(金)   15:30 open 16:00 start
場所:朝日館( 三重県伊勢市二見町茶屋228 tel:0596-43-2001)
料金:1000円
お申込み:うさとジャパン

●出演 【スロー・デス・ブラザーズ】
・辻 信一(長男)
http://www.sloth.gr.jp/tsuji/
文化人類学者、環境活動家。 明治学院大学国際学部教授。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表や、
環境文化NGOナマケモノ倶楽部世話人として、 「スロー」や「GNH」をテーマに活動。
数々のNGOやNPOに参加しながら、 環境=文化運動を進める一方、
社会的起業であるスロービジネスにも積極的にとりくむ。
著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)など多数。
スローデス・ブラザーズ長男。

・松谷 冬太
http://www.fuyuta.com/
ニューヨークで本格的に音楽活動を開始し、
ニューヨークのミュージシャンとの共演を重ねる。
音楽業界、東京に疲れて、98年から1年数カ月、 沖縄本島で暮らす。
東京に戻り、2006年ミニアルバム「Mystical Lady」を発表。
昨年「ナマケモノ倶楽部」と出会い、 心の革命が!ゆるやかに、
いろいろな人や自然とのつながりを通して、 これからの活動を現在模索中。
スローデス・ブラザーズ三男。

・上野 宗則
株式会社素敬 代表取締役社長
http://www.sokei.jp/
「ナースのためのエンゼルメイク・アカデミア」主宰
父親の死によって遺族となった経験を活かし、
1998年より死化粧用品等ご遺体ケアのための商品づくりをはじめる。
その後、「人の死に立ち会うときなにができるか」をテーマとして、
医療従事者や葬祭事業者向けの講習会を次々と企画。
2007年より、看取りに携わる看護職を対象に、
年間講座「ナースのためのエンゼルメイク・アカデミア」をスタートさせた。
遺族を経験した者としての目線を大切にして、
「社会に生きる人々が死を想うきっかけづくりができれば」をモットーに、
全国各地で講演活動も行う。
スローデス・ブラザーズ次男。
スローデス・カフェ店主。

**************************
2012年9月11日発売
「ナマケモノ教授のぶらぶら人類学」
辻信一・著
SOKEIパブリッシング・発行
A4版・224頁
定価(本体1,500円+税)
**************************
「うさと@伊勢・朝日館」
9月29(土)~30日(日)11:00~17:00
※場所、開催日数がいつもと変更になりました。
**************************
※京都でも開催決定!
「slow death cafe in 京都・ちおん舎」

日時:9月29日(土) 17:30 open 18:00 start
会場:ちおん舎(京都中京区衣棚三条上る突抜町126 )